総務常任委員会

議会報告 No Comments

〈継続審査のほうは…〉

今日は総務常任委員会が午後から開かれました。まずは継続審査、文化、スポーツの事務を教育委員会から市長へと移管する議案について、9月定例会以降の進捗状況の報告を受けました。

やっとのこと「高砂市文化スポーツ振興基本方針」なるものが示され、10月にはいってから、体育指導員、体育協会などの各種団体への説明会が開催されたことなどが報告されました。

9月定例会に議案が提案されるまでに当然済まされていなければならないこと、公民館のコミュニティセンター化の課題が一緒に整理されていないことなど指摘しておきました。

〈互助会の説明会について〉

先週末から互助会の会員、OBに対する「返還に関しての協力」についての説明会が5回にわけて行われました。この件について急遽委員会の協議・報告事項に追加されました。

1.なぜ「寄付」に遅延利息まで払わねばならないのか? 2.なぜ本人がなくなった遺族に「返還の文書=寄付のお願い」を通知するのか? 3.多額の返還は短期間では無理、3~4年の分割払いはできないか? 4.寄付による所得税の還付は受けられるのか?など会員、OBの皆さんのさまざまな疑問、ごもっともなご意見が寄せられていました。

問題の根本は「寄付=返還の協力」というあいまいな姿勢にあると私は考えています。互助会の皆さんにはさまざまな思いがあるとは理解しています。しかし、「返還=債務」つまり(当時はまったく悪意はなかった、罰を受けるような悪事を働いたわけではないにせよ)民事上の返還義務が生じているという考え方を誠意をもって会員、OBの皆さんに説明すること。そこから返還事務がスタートするのではないでしょうか。

〈市長さん「寄付なの」「返還なの」?〉

明日、12月1日から返還の受付が始まります。市長は地域ミーティングでも「真っ先に返還する」旨をコメントされています。今日の時点では、公職選挙法違反の疑いをどのようにクリアして「協力=寄付」の考え方による職員時代に受け取った「ヤミ退職金」の返還を行うのか明らかにされませんでした。「あしたの朝までに弁護士とも相談の上、真っ先に返還する。」と大見得を切られたのですが、さてどのようなことになるになるのやら。

どうせ、「互助会に預託」というような中途半端なことでお茶を濁すことになるのではないかな?

『高砂再起動ミーティング』in中央公民館

日々の出来事 No Comments

〈今日ははじめての『再起動ミーティング』〉

今日は、かねてより計画していた集会『高砂再起動ミーティング』を中央公民館で開催しました。

大勢の市民の皆さんにお集まりいただき、感激でした。当初の「椅子は50もあれば十分やろ」との予想は見事にはずれ、急遽講堂から補充、80人程度の参加となりました。

テーマは

1.梅井地区産廃施設建設計画問題 2.互助会ヤミ退職金問題 の2つに絞って報告。

行政の地域ミーティングと違って「徹底的に説明は簡潔・明瞭に」「市民との対話形式を…」心がけ時間も1時間30分以内としました。

ゲスト講師として 私の中・高時代の同級生、なぜか大学は先輩という弁護士の山田直樹君をお招きし、法律の専門家として解説、コメンテーターをお願いしました。

これまで、個人でやってきた「市政報告会」とまた一味変わった新鮮な集会となりました。

お手伝いいただいた皆さん、参加いただいた皆さんほんとうにありがとうございました。

これからも継続的に開催したいと考えています。これからもよろしく。

臨時議会

議会報告 No Comments

〈今日から臨時議会〉

11月臨時議会が今日から3日間開催予定です。議案は

1.人事院勧告に合わせた市職員の給与改定。

2.互助会へのヤミ退職金返還の予算

日程等は以下のとおり

第2回臨時会日程予定表

会期 11月17日(水曜日)から19日(金曜日)までの3日間

11月

 17日(水曜日) 開会、市長の提案理由の説明

 18日(木曜日) 質疑、委員会付託、常任委員会審査

 19日(金曜日) 委員長報告、討論採決、閉会

あすから質疑、しっかりと問題点を明らかにしていきたいと思います。

読みどおりとはいうものの…

議会報告 No Comments

〈産廃問題は県に降参?〉

先週末からあわただしく産廃問題が進んでいます。結論から言いますと、「県の斡旋案に応じます。(細かい再調整なる条件は付けたものの、大筋県の以降に従います)」というものです。

この回答をいきなり今日の午前中という期限を切られ今日の朝まで議長以外には知らされることなく行ったのです。

実は昨日「産廃の連絡協議会」を傍聴していて初めて知りました。予想していたとはいえ、まんまと市長の時間稼ぎ、自治会長さんの懐柔作戦にしてやられました。(10月21日のブログを読んでチョhttp://www.kitano-seiichiro.net/?p=521

それにしても、このままでは建設計画が粛々と進むだけ。説明会で「反対の意思を表明する」なんてできるのか疑問です。

「入浜権運動」の高崎さん意見陳述

議会報告 No Comments

11月9日に開かれた総合計画の検討特別委員会で高崎さんが参考人として意見陳述をされました。これまでの経緯は10月30日のブログでもお知らせしたとおりhttp://www.kitano-seiichiro.net/?paged=2

高崎さんは「入浜権運動は一部住民のものではなくいまや全国的に注目された高砂市の歴史的遺産、文化遺産である。」そのうえで第一次総合計画から受け継がれた理念を継承する上でも「『なぎさの回復を基調として海に親しむ場の確保に努める』と言う趣旨の文言を盛り込んでほしい」と要望されました。

また、高崎さんのPCB問題などに対する考え方(PCB盛立地はその歴史を風化させることなく広島における「原爆ドーム」のようなシンボルとして高砂市民の心にとどめておくべき)などは本当に当時の深刻な公害問題に取り組んで来られた経験からにじみ出る重みを感じました。

9月の一般質問からここまで進んできましたが、「入浜権運動の理念の継承」…今後委員会での審議を見守りたいとおもいます。

今日の1曲 (What’s So Funny ’bout)Peace Love And Understanding/Brinsley Schwartz

Powered by WordPress | ログインEntries RSS Comments RSS