何処も同じ

日々の出来事 No Comments

【2010/12/25 読売新聞社説より】

来年度予算案 辻褄合わせはもう限界だ

2011年度予算案が24日、閣議決定された。総額92兆4100億円は過去最大である。

 かつて恒例だった数字の語呂合わせをすれば、財務省なら「国、良い」とでも言いたいところだろう。だが、借金頼みのお寒い内容を見れば、そんな甘い評価など到底出来まい。

 昨年の政権交代以来、民主党政権による予算編成は2度目だ。しかし、菅内閣は財源不足に抜本的な手を打たず、無理なバラマキ政策を継続する意思を示した。

 これでは赤字体質も改善しようがない。歳入と歳出の辻褄(つじつま)合わせもいよいよ限界だと、多くの国民が不安を感じる予算になった。

 ◆国債発行は依然44兆円◆

 11年度予算案の歳出は、社会保障関係費が28・7兆円と、一般歳出全体の半分を超えたのが目を引く。国債の償還や利払いに充てる国債費は21・5兆円である。

 一方の歳入面。税収は10年度当初より3兆円以上増えて40・9兆円と、40兆円台を回復する。

 だが、税外収入は、埋蔵金を必死にかき集めても7・2兆円にとどまる。結局、歳入の不足分は、当初予算として最も多かった10年度とほぼ同じ、44・3兆円もの国債を出して賄う。

 国債発行額が税収を超えるのは2年連続だ。歳入の国債依存度は48%にのぼる。この異常な事態を政府はどう捉えているのか。

 野田財務相は「国債発行の上限を44兆円とする目標は守られた」と強調する。確かにこの目標は、政府が今年6月にまとめた財政運営戦略に盛り込まれている。

 だが、過去最大の発行額を上限とすること自体がナンセンスだ。削減を目指すのが筋だろう。

 財政運営戦略には、国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)を2020年度までに黒字化するという目標もある。

 これを財政再建の最終着地点とするなら、まず11年度予算で大きく改善の一歩を踏み出さねばならないが、最初からつまずいた。

 ◆消費税から逃げたツケ◆

 それも、菅内閣が消費税率の引き上げを先送りしたツケといえよう。菅首相は、6月の就任に当たり、消費税率引き上げの必要性を訴え、夏の参院選では税率10%に言及した。

 首相になる直前まで、財務相として国際会議などに出席し、財政再建の必要性に目覚めたからだろう。これは国の指導者として、当然の姿勢である。

 だが、発言に唐突感があったことなどで野党から批判され、民主党内からも「選挙対策上、マイナス」との反発を受けると、一気にトーンダウンした。参院選敗北後は、ほとんど触れなくなった。極めて遺憾である。

 予算編成の迷走に輪をかけたのが、民主党の政権公約(マニフェスト)へのこだわりだ。子ども手当の増額がその象徴といえる。

 子ども手当は現在、月1万3000円支給されている。政権公約では月2万6000円としているため、政府は満額に近づけようと、3歳未満を対象に月7000円増額する。必要な財源は来年度2100億円に上る。

 このほか、高速道路無料化や農家の戸別所得補償など、公約関連項目は、予算を上積みしている。財源がないというのに、理解しがたい対応である。

 政府は、これら増額分の財源確保などのため、高所得層への増税を決めた。これは問題だ。

 日本経済を支え、消費意欲も高い高所得層をねらい撃ちすれば、人材の海外流出などを招いて、逆効果になりかねない。こうした増税は撤回すべきである。

 一方、予算編成と同時に進められた社会保障改革では、高齢者医療や介護保険で、負担増を伴う改正が、軒並み退けられる見通しとなっている。

 来春の統一地方選を前に、有権者の反発を恐れて民主党の腰が引けてしまった。政権党として情けない限りだ。

 ◆マニフェスト見直しを◆

 11年度予算案の決定で、国と地方の長期債務は11年度末で891兆円と、国内総生産(GDP)の1・84倍に及ぶ見通しになった。財政破綻したギリシャなどよりはるかに悪い数値である。

 破綻を回避するには税収の確保が肝要だが、それには消費税率引き上げしか手がないのは、はっきりしている。社会保障財源の手当てでも頼りは消費税だ。

 民主党は政権公約で、税の無駄遣いを正せば、巨額な財源が捻出できるとしていた。それが画餅だったことは明白である。

 菅内閣は来年こそ、消費税率の引き上げを決断すべきだ。政権公約の誤りも正直に認め、大胆に見直す必要がある。

 この二つの懸案をクリアしなければ、いずれ財政は破綻し、国を誤ることになろう。

2010年12月25日01時32分  読売新聞)
国も、地方もまったく同じ。ただ地方の来年度予算が公表されるのははまだまだ先です。いまは「辻褄合わせ」に四苦八苦ですかね。

終業式

教育関係, 日々の出来事 No Comments

〈校門チェック〉

今日は、小中学校の終業式。私は、会派の中西議員と一緒に先日全協でも問題となったS中学校に朝からお邪魔しました。今月に入って先生方全員で生徒たちを校門で迎え、「おはよう」と声をかける。玄関前で服装のチェックを行う、という取り組みを始められています。

8時過ぎに2人で訪問、校長先生の許しを得て、一緒に先生方と並びました。ほとんどの生徒が「おはよう」と声をかけると「おはようございます」と声を返してくれます。朝の駅立ちで習得した技(相手の目をしっかりと見て、笑顔で、元気よく挨拶する)がこんなところで役にたちました。

「なんとか、服装だけはまともになって来つつあるのですが…」と校長先生。

その後9時からの全校生による終業式も見学。9時半を過ぎても一部の先生方は寒い中、校門周辺で生徒を待っておられました。学校の周りを自転車でうろついている生徒もいましたが、なにやら居場所がなくてさまよっているような感じでした。

先生方の熱意が子供たちに伝わればいいのですが…。まだまだこれからが大事です。

今日の1曲 ワンダフル・クリスマスタイム/ポール・マッカートニー

全員協議会

教育関係, 議会報告 No Comments

〈中学校問題で全協〉

今日は、予定されていたとおり中学校(特に以前から荒れているS中)の問題について全員協議会がありました。

予想通り、教育委員会の答弁は問題の焦点をはぐらかし、お得意の一般論、抽象論に終始していました。昨年3月議会で、数回にわたってパトカーを呼ばねばならない荒廃ぶりをあぶり出し、危機感を持って警告を発してきただけに、いまだに一向に状況好転の兆しが見えないことには怒りさえ覚えてきます。(逆に昨年夏以降「徐々に好転しているんです」などとウソついてたもんね)

これまでの学校、教育委員会、つまり教育界全体を覆う「隠蔽・事なかれ体質」がここまで事態を深刻にしてしまったのではないでしょうか。

〈曽根残土処理施設「休業」へ〉

午後、急遽環境保全特別委員会が開催されました。報告事項が2点

(1)特別委員会として参考人として招致することになった産廃業者「クリーンライン」へ依頼文を配達証明で登記上の住所へ郵送したところ、届け先不明で返却されたとのこと。代理人の行政書士には送達された。つまり、「クリーンライン」なる法人は事務所も常設されていない幽霊会社ってこと?

(2)曽根地区にあるH商店の小高い山となった広大な残土処理場が12月28日をもって「休業」する。H商店は梅井地区の産廃計画地の土地所有者でこれまで大分の産廃業者と行動をともにしている。行政が曽根の残土処理場の地主・K組に確認したところ、12月31日付で賃貸借の契約解除を行うらしい。

なぜか行政も現場の「ボタ山」の処分についてしっかり確認していない。「産廃業者に原状回復をしてもらうとの話が…」などと他人事のようなコメントがありました。

どうも、梅井の産廃進展との交換条件のような臭いがぷんぷんしてきました。

最近の高砂市、きな臭い動きが目立ってきました。

昇段審査

日々の出来事 No Comments

〈十人組手をやったぞ〉

昨日は、空手の昇段審査がありました。空手をはじめて8年目、途中仕事柄何度も中断したものの、今回やっと黒帯にチャレンジする機会に恵まれました。昇段には、型の審査、そして十人連続での組手を完遂しなければなりません。

選挙が終わってから、道場での稽古以外に自分なりに夜、ランニングなどでスタミナを付けてきたつもりでしたが、十人持つか心配で気の重い日がつづいておりました。(12月議会あまり元気がなかったのはこのせいかも…)

昨日は、私との組手のために姫路や、神戸からもかつて一緒に汗を流した先輩たちが駆けつけてくれました。

結果は、一人目の現役高校生S君から暖かいガチンコの組手が始まり、さいごのT師範まで何とか持ちこたえることができました。決してきれいな組手とはいえないものでしたが、自分なりのものが出せたのではないかとおもいます。

最後は頭が真っ白で、立っていることがやっとのことでした。師範から黒帯を結んでいただいたときは、熱いものがこみ上げてきました。

聖空会で空手に出会えたこと、師範はじめ多くの先輩、仲間と出会い、ともに空手を学べたこと、このようなすばらしい経験をさせてもらったことなど、すべてに感謝したい気持です。

黒帯を許されて、これからが大事。黒帯に恥じぬよう、稽古をつづけて行かねばと思います。

12月議会最終日

議会報告 No Comments

〈ごみ焼却施設の包括委託はなんかおかしい!?〉

今日は定例会最終日。提案された条例議案、補正予算の議案など全議案波乱もなく可決されておわりました。まあ「生石宿泊施設の休止条例」などしっくりこない議案もあったのだが、「大勢に影響なし」と判断し賛成しました。

問題はその後の諸報告、「ごみ焼却施設の10年にわたる包括委託契約」について。

予想通り、製造業者のバブコック日立と約84億円で契約するという。もう1社は79億円で応札していたのだが、副市長、財務部長と大学、高専の先生方5人で構成する「選定委員会」の評価で「技術評価点」の高かったバブコックが総合点でも上回ったという。

入札金額の評価が3割、技術評価が7割をという配点の根拠なども示されず、入札後たった2回の委員会のみで決定されたという。

まったくもって「後出しジャンケン」ともいえる選定方法。5億円もの差額について、それを覆すだけの説得力ある説明もできていない。

ある議員さんは、「7月の臨時会で7:3の説明もあったし、業者も承知の入札だから…」とさも「いまさら言っても仕方ない…」といわんばかりのコメントでした。

しかし、われわれは7月の時点で「10年間で96億円の債務負担行為(10年ローン)」の予算を提案され、残念ながら賛成多数で承認(当然私は反対)しただけ。

問題は「委託契約」については工事の契約のような「議会の議決」が必要ないということなのだ。「10年間で84億円もローンを組む、予算が取られてしまうのに」だ。つまり「行政の裁量」で決まってしまう「委託契約」については合理的な説明がよりいっそう求められるはずだ。

うーむ、なにか臭うぞ。10年で何十億円…だもんね。

教育長に吠えるのは21日に全員協議会で…。もう少し待っててね。

Powered by WordPress | ログインEntries RSS Comments RSS