代表者会、特別委員会

議会報告 No Comments

〈代表者会〉

今日は10時から代表者会、午後からは環境保全対策特別委員会がありました。

代表者会議では2点、山林火災と、県事業のため池改修工事での6価クロム溶出問題についてが報告されました。

最近、山林火災が頻発しています。22日にも宝殿山で火災、そして24日には県や他の自治体、さらには自衛隊までも応援に出動した大規模な鷹ノ巣山の火災。100ヘクタール以上、甲子園32個分を焼き尽くし、いまだに鎮火にいたっていないという大災害となった、山林火災。今後の教訓に何を生かして行くのか、何が問題なのかをしっかり検証しておく必要があります。

もう一点のため池の6価クロム溶出問題。まずは兵庫県に4月の時点で報告をしていなかった業者の姿勢に問題があること。4月の時点で対処していれば、農家の皆さんは安全安心な稲作が行えていたはずです。

さらに、12月24日、地元に対する説明会を開催するまで高砂市に一切連絡、報告をしなかった事業主体の兵庫県。地元自治体をまったく無視した対応にはあきれてものも言えません。私は文書での抗議、申し入れをすべきと主張しましたが、登り市長は相も変らぬ「事なかれ」、口頭で申し入れた(ほんまかいな?)とのこと。

〈環境保全対策委員会〉

特別委員会では、再度業者に参考人招致の依頼を送ることを決定。そして急ではありますが、委員長、副委員長が産廃業者の実態を調査するために、大分市へ行く事を委員会で決定しました。

29日(実際は土曜日のため31日まで)が産廃の事業計画に対する意見書提出の期限です。皆さん、できる限りの意見書を!

委員会視察

議会報告 No Comments

〈総務常任委員会の視察〉

25、26日と所属する総務常任委員会の視察で福岡県春日市と宗像市にお邪魔しました。

両市ともに「行政経営システム」の先進地。事業評価や、目標管理システムなどを一体化したシステム構築をすすめていました。

さすがに、かつての行革先進地。担当職員さんのしっかりとした説明に感心しました。

ただ、両市ともに市民、第三者による評価が少し希薄かと…。「経営」であるからには従業員ばかりに目を取られることなく、顧客や株主へのサービス、利益還元の観点(つまり、市民の評価)を常に意識しておく必要があるのではないかと思います。

高校野球の女子マネージャーがドラッカーを読む時代、「経営論」がもてはやされています。決して流行に流されることなく常に「最小の経費で最大の効果を挙げ」るよう、行政経営をおこなうことが求められます。

〈山火事で大きな被害が〉

24日の朝からの山火事は何とか「鎮圧」とのこと。まだ鎮火にはいたっていないようです。近隣住民の皆様へお見舞い申し上げますとともに、消火活動に携わっている消防関係、行政の皆さん、ほんとうにご苦労様です。

ただ、先日より、生石、鷹の山、日笠山と立て続けに山火事が続発していることが気がかりです。

今日の一冊

「文化振興条例」はなんかちぐはぐ

政策 No Comments

〈なぜ、総合計画と一緒に議論しないのか〉

まず、これを見てほしい。http://www.city.takasago.hyogo.jp/index.cfm/8,18561,94,446,html

いきなりでてきた「高砂市文化振興条例」。昨年9月、急に行われた「文化・スポーツ」を教育委員会から市長部局への所管換えの提案。しっかりとした構想の下での作業なら、このときに一緒に提案、議論する機会はあったはずである。

さらに言えば、総合計画策定の際、市民に考えを提示していればパブコメなんかも一緒に行えたはず。

ところが、最近の行政を見る限り、登り市長の思いつきに振り回され、泥縄式・辻褄あわせの事務執行ばかり。独立した機関であるはずの教育委員会までが、市長にゴマすり言うがままではないのか。

こんなことで3月議会にしっかりとしたH.23年度予算を提案できるのですかね?

久しぶりに我が子とキャッチボール

日々の出来事 No Comments

〈久しぶりに我が子とキャッチボール〉

今日の夕刻、久しぶりに中2の息子とキャッチボールをしました。小学生のころはほとんど毎週キャッチボールやバッティングなど相手をしていました。ところが中学生になってからは、部活の練習か試合で土日といえど、めったに家におらず、私のスケジュールとタイミングが合わないのですが、今日は「インフルエンザ流行」の兆しとかで練習も休み。

私が外出から帰るとごろごろしていたので「おう、久しぶりにキャッチボールやるか」と誘いますと、「おとうに捕れるかな?」とにやり。

いざ、はじめると、さすがに背も伸びた中学生のボール、手元で伸びて捕る手も痛くなりました。もうスローイングや捕球の仕方など細かく教えることもなく、いつまで相手が務まるだろうと少し複雑な心境にもなりました。

って、去年の2月7日にも同じようなブログ書いてたな。ごめん

今日のお勧め映画 『フィールド オブ ドリームス』

環境保全特別委員会

議会報告 No Comments

〈昨日の続き〉

昨日の午後は環境保全特別委員会がありました。まず15、16日に開かれた梅井地区産廃施設建設計画の説明会の報告と問題点の整理、今後の対応についてきょうぎしました。

特に、16日に行われた説明会については、説明が十分に行われたとはいえない。業者側のたいども悪く誠実さにかけるものであった。突然打ち切られてしまい、まだまだ、質問すべき問題が解明できていない。という意見で一致。

委員会として、再度業者に対して参考人として出席を求めるという提案が委員長から出され、全委員が賛成しました。

〈市長、何で説明会に出てこないのですか?〉

冒頭、市長から15日、16日の説明会についての報告と挨拶がありました。

16日に顔を見かけなかったので「登り市長、15、16日の説明会に出席されましたか?」と私が質問すると「両日とも役所で待機、終わってから担当に報告を受けた」と回答。「『反対』は口だけではないか!なぜ住民と一緒に説明会に出席しないのか!しっかりと説明会の雰囲気、市民の思いを受け止めることこそ重要。それがリーダーシップ。」と申し上げておきました。

県会議長は最前列で出席されておりました。こそこそ後ろに隠れてないで、真っ向正面から相対する。そこが大事ではないですかね?

Powered by WordPress | ログインEntries RSS Comments RSS