6月議会の論点 1

日々の出来事, 議会報告 No Comments

今日、明日は議案熟読(勉強会)。朝から各担当と膝つき合わせての議案、懸案課題についてのやり取りを行いました。この間に資料の追加を要求、質疑の考えをまとめます。今回は「議会改革の試行」ということで一般会計の予算については事前に通告を行うことが議会運営委員会で決定されています。さらに一般会計予算の質疑を答弁の時間も含め一人当たり15分、おまけに1議案3回の回数制限つきという足かせつき。今回あくまでも「試行」ということでしぶしぶ了承していますが、やはり時間制限なら一問一答形式にすべきでしょう。

さて6月議会、補正予算自体は大きなものはありません。が、報告議案、条例議案に注目です。

まず、6月には例年市の出資する外郭団体(「土地開発公社」、体育館や公園の管理を行っている「施設利用振興財団」、生石の勤労施設を管理している「勤労福祉財団」)の決算と事業計画・予算の報告が行われます。

以前からお伝えしているように、いずれも、おおきな問題を抱え、経営の再建が課題となっています。それだけでなく高砂市の財政や事業執行にも影響を及ぼしかねません。

今回は、この3団体だけでなく、先日債務超過に陥っている「シルバー人材センター」の報告も行うよう求め、あわせて資料が提出され、議論できることとなりました。高砂市は外郭団体の数も規模も他市よりは比較的小さいとは思います。しかしながら、今一度適切な運営がなされているか、厳しいチェックが必要な時期に来ていると思います。

議会レポート21号が出来上がりました。

定例会初日

日々の出来事, 西港再整備, 議会報告 No Comments

今日は定例会初日。いきなり9時から代表者会。先週末の産廃協議会の役員会についての報告と、諸報告終了後の環境保全対策特別委員会の開催を決定。

10時から開会の前に「特別に」28日付けで辞職された前教育長の退任の挨拶を受け、その後市長の提案理由の説明を済ませた後、諸報告に突入。

1.教育委員会委員の人事について

要は教育長の辞任の報告。挨拶でもしきりに不祥事の引責でなく、仕事が一区切りついたから…ということでしたが。「潔くケジメを付けました」といったほうがすっきりしたのに。市長の任命責任もあるだろうに…

1.PCB盛立地「仮置き問題」の再度の議論と大木曽水路河床のPCB固化土の取り扱いについて

これは先日からまったく進展見られず、市長の支離滅裂な「仮置き撤回」の方針転換について、より一層矛盾が増すばかりでありました。まず、なぜ今なのか?「3月4日の西港再整備協議会の報告を受け、一定の方向性を見出した。昭和51年の完成以降、35年間環境面、安全面ともに何事もなく経過している。」との理由であった。しかし、以前にも書いたが3月11日の東日本大震災で「想定外」の巨大な自然災害の脅威を目の当たりにしより一層の点検が必要ではないか、特に専門委員会の先生方にお墨付きをもらった上で再整備推進協議会で再確認しておく必要があるのではないか。

国に対しても、PCB廃棄物特措法のような立法措置を文書で、関係企業、兵庫県とともに運動して行く、あるいは同じようなPCB汚染物の封じ込めに苦慮している自治体と共闘で行動するなどのアグレッシブな動きも必要ではないか。

いずれにしても、「恒久対策」を講じる前に関係企業と文書でのPCB盛立地についての確認が必要。などと意見を述べました。

この件については、環境保全対策特別委員会で議会としての意見を今回期中に集約して行くこととなりました。

2.午後からは第4次行政改革の報告

登り市長体制での内向き、密室性がここでもあきらかに。とくに、水道料金、下水道料金の値上げ先送りについてしっかりと5年間のマイナスの効果額(10億円以上)について指摘。

その後、議会運営委員会の後、環境保全対策特別委員会。

産廃問題については後日ということで・・・

明日から2日間は議案熟読(議案について当局からレクチャーを受けるいわゆる勉強会)

議会の日程

議会報告 No Comments

明日30日から6月議会が始まります。

日程はこちらhttp://www.city.takasago.hyogo.jp/index.cfm/8,6778,106,html

会期 5月30日(月曜日)から6月13日(月曜日)までの15日間    

5月
 30日(月曜日)本会議(市長の提案理由の説明、諸報告)         
 31日(火曜日)休 会(議案熟読)         
6月
 1日(水曜日)休 会(議案熟読)         
 2日(木曜日)本会議(議案質疑、諸報告)         
 3日(金曜日)本会議(議案質疑)         
 4日(土曜日)休 会         
 5日(日曜日)休 会         
 6日(月曜日)本会議(議案質疑)         
 7日(火曜日)本会議(一般質問)         
 8日(水曜日)特別委員会、常任委員会(議案審査)         
 9日(木曜日)常任委員会(議案審査)         
 10日(金曜日)常任委員会(議案審査)         
 11日(土曜日)休 会         
 12日(日曜日)休 会         
 13日(月曜日)本会議(各委員会委員長の審査報告、議案討論採決、諸報告)

 初日の諸報告からPCB盛立地問題、教育長辞任の報告、行政改革の報告など注目です。

教育長の辞任

議会報告 No Comments

今日、朝から代表者会、議会運営委員会が開かれました。主な議題は6月定例会の日程。そして初日に予定されている「諸報告」の内容について。ここで問題となっていたのがすでに教育委員会に辞意を表明している(この時点では正式に辞任されていませんでした)教育長の辞任問題について。すったもんだの挙句、開会冒頭での挨拶は別として、諸報告の中で正式に報告されることが確認されました。

その後、午後3時過ぎに議長から次のような文書が配布されました。

1.教育委員会から高砂市長に宛てた(教育長)の教育委員辞職(5月28日)に同意した旨の通知

2.市長から市議会議長に宛てた教育委員(教育長)の辞職(5月28日付)に同意した旨の報告

まあ、不祥事のケジメを付けるのかどうか、伝え聞くところによれば引責の辞職で無くするための茶番が用意されているようですが、市民が納得しますかな?

6月議会は5月30日開会の予定。日程については後日…

全員協議会

日々の出来事, 西港再整備, 議会報告 No Comments

〈市長は「将来への責任」を放棄!?〉

今日は9時40分から代表者会のあと、全員協議会が開催されました。今回の全協は1.PCB盛立地「仮置き」問題について 2.大木曽水路のPCB固化土の位置づけについて 3.梅井地区産廃計画のその後について などそれぞれが環境面で市民感情と企業の経済活動、金銭的負担とが相反する問題であり、今年度に入って登り市長が考え方を急変させ、いわば「企業より」にシフト、変節させた重大な問題ばかりでした。

PCB「仮置き」問題は、以前にも書きましたが(http://www.kitano-seiichiro.net/?p=833)特別委員会においてもほとんどの委員が「将来的に無くす」という考え方は堅持すべきとの意見であったはずです。

そして今日市長の口から発せられたのが将来の費用負担については「将来に委ねたい」ですと!これは言い換えれば、「いまの自分では判断できません。そのときになってから、どうぞお考えください」といってるのと同じですな。つまりはリーダーとして、為政者として「将来にわたっての考え方、道しるべを示す」という責任を放棄、逃避しているのと同じです。思わず「それでも政治家か!」とヤジってしまいもうした。

福島の原発問題について、東電の住民に対する損害の保障について、最終的には政府が考え方を示さなければならないときがくるでしょう。そのとき、首相が損害賠償について「その件については答えられない。将来に判断を委ねたい」などといって国民は許してくれますかね?高砂市民も同じこと、しっかり考え方を示して納得のいくように説明することが大切です.

今日はこの辺で…

今日のお勧め 議会のインターネット放映が始まりましたhttp://www.kensakusystem.jp/takasago-vod-gikai/cgi-bin4/Result.exe?Code=332qxqb69yvqkt74ta&dMode=0&fromYear=%95%BD%90%AC22%94N&fromDate=%95%BD%90%AC22%94N%91%E61%89%F1%92%E8%97%E1%89%EF%81i%91%E61%93%FA+2%8C%8E24%93%FA%81j&tillYear=%95%BD%90%AC23%94N&tillDate=%95%BD%90%AC23%94N%91%E61%89%F1%92%E8%97%E1%89%EF%81i%91%E63%93%FA+3%8C%8E17%93%FA%81j&KeyWord=&searchMode=1&keyMode=10&speaker=%96k%96%EC%81@%90%BD%88%EA%98Y&speaker1=%96k%96%EC%81@%90%BD%88%EA%98Y&kaiha=&x=46&y=12

Powered by WordPress | ログインEntries RSS Comments RSS