総務常任委員会のつづき

議会報告 No Comments

企画総務部

1.ヤミ休暇(自己啓発研修)裁判窓外賠償請求の和解について

元市長の損害賠償金を300万円に減額する和解が成立、5月14日に支払いがあったことが報告された。また、部長会、次長会という私的親睦団体?が、元市長に対しそれぞれカンパを募っていることも確認。その金額、詳細については明かされなかった。

私としては、和解の前になぜこの行動を起こさなかったのか、なぜ正々堂々と公表しないのかが理解できません。

2.互助会返還金について

互助会に対する返還金の回収状況(H24年5月24日現在)

返還金総額4億1811万1688円(7億3786万3777円)返還率57%

返還総額       1573人(1902人)返還率83%

25人の現役職員について、なぜ給与の差し押さえなど早急に行わないのか問いただしたところ、今後、債権名義を確定した後に作業を進めるそうな…。なんとものんびりした話ですな。

3.播磨広域連携協議会設立について

先日新聞報道をお伝えしましたが、29日設立総会が開催され承認された模様。

この協議会、25日の代表者会まで議会のほうには全くつなぎがなかった。「7市8町というおおきな枠組みで広域連携を考えていく」という組織に加盟するなら、いくら「自治法上の協議会(議決が必要)ではなく、任意の協議会」であっても、いやだからこそ議会、住民の合意が必要ではないか。「合併を前提にしたものでない」と主催の姫路市側が躍起になっても狙いが透けて見えるのは周知の事実だ。議会の議決も必要なく、予算審議でのチェックの機会すらない問題だからこそ、丁寧な説明と情報公開が求められるのではないか。

4.その他

総務常任委員会

日々の出来事 No Comments

昨日、総務常任委員会がありました。

消防関係、財務部関係、規格総務部関係それぞれから担当より報告があり、議論していると6時を過ぎてしまいました。おかげで、午後2時から姫路のホテルで予定されていた元内閣官房副長官、旧自治省関係の重鎮石原信夫氏の講演会には参加できませんでした。

報告事項は以下の通り

消防本部から

1. 福山ホテル火災を受けての市内ホテル・旅館関係12施設の特別査察について

5月中旬に死者7名という大きな被害を出した福山市のホテル火災を教訓に、高砂市内での類似火災被害を防止するために、今回は建物の構造について定める建築基準法を所管するまちづくり部と合同での査察を17~24日までの間行った。

これはいいのだが、昨日の報告には総務委員会所管の消防本部のみが出席、消防関係の報告のみ行うという。なんという「タテ割り」意識。せっかく「合同で」「ソフト・ハード両面からの」査察を行いながら、なぜ一緒に統括した報告を行わないのか…

ということで、次の機会にまちづくり部と「合同で」の報告をいただくこととなりました。

2.  急傾斜地・土砂災害及びため池要注意箇所の調査について

財務部から

1.高砂市の財務書類について

H22年度の財務4表がようやく公表されました。分析については後日

2. 阿弥陀小学校跡地の売却と公園関係の地元との協議について

3月議会の予算審議でも問題となっていた阿弥陀小学校跡地の売却。測量も終わり面積が確定。後は公園の面積・位置と利活用の方法など地元とどう調整していくか…という宿題がのこっています。もちろん地元の皆さんの要望に応えていくことも大事です。しかし、出来ることと出来ないことははっきりと最初に明らかにしたうえで住民に理解を求めていくことが必要です。そうでないと当初からの「財源の確保のために跡地は売却」という目的が薄れてしまいます。こんなところで市長選挙まえからのリップサービスが災いしてくるのでしょうか。

3. 高砂工業公園用地、土壌汚染問題の旧国鉄清算事業団との訴訟について

高砂土地開発公社が工業公園として開発し、業者に売却した旧国鉄高砂工場跡地の汚染土壌の問題。旧国鉄清算事業団の業務を引き継ぐ独立行政法人に汚染土場の処分費用の負担などの損害賠償請求を求めた他訴訟で、大阪高裁でも請求棄却。上告するかどうかは検討中。以前のブログはこちら…http://www.kitano-seiichiro.net/?p=271

企画総務部関係は後日。

「播磨広域連携協議会」設立 15市町の首長参加 

日々の出来事 No Comments

【2012/05/26 神戸新聞】

「『播磨広域連携協議会』設立 15市町の首長参加 

兵庫県姫路市は25日、加古川市以西の東西播15市町の首長が参加する「播磨広域連携協議会」を設立する、と発表した。地方自治の在り方が見直される中、広域的な行政課題に一体となって取り組み、播磨の存在感を高めるのが狙い。29日に姫路市内で設立総会を開き、まずは防災協定を締結する。

 広域連携をめぐっては今年1月、同じ15市町の枠組みで課長級職員による研究会が発足。連携を模索するテーマとして、防災や観光、交通、医療などの案が出ている。

 首長の協議会は、研究会が打ち出した方向性を素早く意思決定する一方、研究会側に課題を提案するなど双方向での活動を目指す。これまで東播、西播の各市町長会で行っていた国や県への要望も、内容が広域に及ぶ場合は一体的に取り組み、アピール力を強化する。事務局は姫路市に置く。

 活動の第一歩となる防災協定は、一部の自治体同士で締結しているが、内容が災害時の応援に限られているため、平時からの会議や備蓄などに関する情報共有、共同訓練についても定める。

 姫路市は「15市町以外の北播磨各市町や明石市にも今後、参加を呼び掛けたい」としている。(2012/05/25 19:49)」

減少する中学運動部 北播磨でも存廃巡り模索続く

日々の出来事 No Comments

神戸新聞に生徒数の減少や指導者不足による中学校運動部の部活動の窮状が取り上げられている。この傾向は高砂市でも見られる問題だ。

【2012/05/11  神戸新聞】

「生徒数の減少や指導者不足から、兵庫県内の中学校で運動部が減っている。少子高齢化が進む北播磨地域も例外ではなく、部活動の存廃をめぐって生徒や保護者らと、学校側の意見が食い違うことも多い。男子バスケットボール部の存廃で揺れている西脇市立西脇中学校の状況を取材した。

 同校の男子バスケットボール部は昨年4月初旬、1年生1人、2年生3人しか部員がおらず、3年生が引退後は試合出場もできない状況だった。このため、同校は2013年度末での廃止を決めた。

 その後に部員は増え、今年4月時点では、3年生4人、2年生12人に。1年生の入部希望者は7人いたが、学校側が募集していないため入部できず、生徒や保護者は「人数不足は解消され、廃部に理由はない。子どもの夢や希望を奪わないでほしい」と存続を求める。

 部員と入部希望者、保護者らは何度も同校の鈴木恒男校長(58)らと話し合ったが、鈴木校長は「既に決まったことで、存続は難しい」とし、互いの主張は平行線のまま。同校では1980年代から、文化系も含めて部活数はほとんど変わらないという。生徒数は当時から半減し、500人を割った。教員は約4割減っているという。

 同部顧問の男性教諭は、廃部予定の13年度末で定年を迎える。同校は数年前から、同部を指導できる住民を探したが適任者が見つからないままという。学校関係者の1人は、教員の業務過密化や平均年齢上昇などに触れ、「現場教員の業務量は限界に近い。存続させたいが、指導者のなり手がない」と実情を明かす。

 保護者らは存続を求めて署名活動をし、10日、同市の三崎紀男教育長に約2450人分の署名と陳情書を提出。「子どもの目線で考えてほしい」と訴えた。三崎教育長は学校の決定に理解を示す一方、「スポーツクラブ21」で生徒が活動して大会に出場できるよう検討していることなどを伝えた。保護者側は5月末までの回答を求めている。

 県中学校体育連盟の調査では、県内中学校の運動部数は4316で、10年前と比べて約300減っている。北播磨でも小野中(小野市)の剣道部、中町中(多可町)の卓球部などが廃部に。今夏には、善防中(加西市)のバレーボール部や八千代中(多可町)の男子陸上部が廃部予定という。(2012/05/11 09:15)」

播磨町へ議会報告会の見学に

日々の出来事 No Comments

今日は朝から播磨町市議会の議会報告会にお邪魔してきました。

土曜日午前10時からというはじめての試みもあり、正直参加人数はすくなかったのですが、7名の播磨町議会議員のみなさんは非常に生き生きと報告会を行っておられました。

事情を伺うと、いわば地方議会におけるDIY。議会の広報作成から議会報告会の会場設営から資料作り、最後の後片付けいたるまで、すべてを議員だけで運営されていました。

だからこそ、自負心・自信が生まれ、やりがいが生まれているのでしょう。

播磨町議会の議員数が14名に対し、我が高砂市議会は22名。議会事務局の職員はわずか3名(うちは10名もいる!)では議員自らが行動しなければ立ち行かないという事情もあるということを教えられました。

ここに議会改革が北海道の栗山町や福島町という小さな町から盛んとなったという理由・実情があったのではないかと思います。

議会改革検討特別委員会の委員さん2名も見学に来ていたこと、「議会全体で」という雰囲気に勇気付けられました。

午後からは息子の高校育友会総会、学年ごとの進路指導説明会に出席。久しぶりに「父ちゃん」の仕事…をやってきました。

Powered by WordPress | ログインEntries RSS Comments RSS