加古川の病院統合事業汚職:元市部長ら有罪−神戸地裁判決

日々の出来事 No Comments

【毎日新聞 2012年12月26日 大阪朝刊】

「加古川の病院統合事業汚職:元市部長ら有罪−−神戸地裁判決

兵庫県加古川市の病院統合を巡る汚職事件で、収賄の罪に問われた元市企画部長、香川憲夫被告(54)と贈賄の罪に問われたコンサルタント会社元社長、井上浩一被告(49)に対する判決公判が25日、神戸地裁であった。宮崎英一裁判長は香川被告について「賄賂を要求し私欲で市職員への信頼を失墜させた」と断じ、懲役2年、執行猶予3年(求刑・懲役2年)、井上被告に懲役1年、執行猶予3年(同・懲役1年)を言い渡した。

 判決によると、香川被告は10年5月〜今年4月、市民病院の統合再編にかかる業者選定で、井上被告の会社に有利に取り計らった見返りなどとして、井上被告から7回にわたって現金計73万円を受け取った。【渡辺暢】 

Let it bleed

日々の出来事 No Comments

〈献血〉

今日、午前中に献血をしてきました。なぜか血圧がやたら高くて(上が150超え、下が90台)、問診の担当に「献血してる場合じゃないかも…」などと冷やかされたものの、「あんたの血は薄くてだめよ」などと断られることも無く、無事400ccを献血。

昔、五木寛之の「青春の門」だったかエッセイの「風に吹かれて」「ゴキブリの歌」だったか、製薬会社に売血するという話があったのを思い出した。うーむ、もう一度読み返してみたい。

〈たかさごルミナイト〉

23日日曜日、一夜限りイルミネーションで市庁舎の壁面を彩るイベントが企画されています。楽しみです…。

詳しくはこちらhttp://www.city.takasago.hyogo.jp/events/index.cfm/detail.8.28798.html

〈株価急回復、円安〉

安倍効果ともいうべき日経平均株価の急回復が目を引いています。

昨日19日には終値で1万円回復、野田首相が衆院解散を表明した11月中旬以降、20%の上昇率という。

まあ、ここのところ金融市場では新発10年物国債の利回りが0.7%以下、PBR・株価純資産倍率で1倍以下(株式総額が企業の純資産(解散価値)の何倍か)という異常な状況が続いていただけに、米国の「財政の崖」克服の見通しとも相まっての相場というところか。

ただ、これからの景気対策・成長戦略に対して、国がGDP比2倍以上・1000兆円に上る借金を抱えるという危機的な財政状況にあることは忘れてはならない。

今後「財政規律」もしっかり注視する必要がある。なんか評論家みたいになってしまいました。

申し訳ない。

当然今日の1枚:ザ・ローリングストーンズ/レット・イット・ブリードhttp://www.youtube.com/watch?v=OI1z5qZcJ8I

12月議会最終日

日々の出来事, 議会報告 No Comments

今日は議会の最終日。各常任委員長の報告の後、討論採決。さしたるヒートアップも無いままにすべて原案可決。今回、私はすべて賛成。(別に日和ったわけではないよ)

午後からは、諸報告。

「土地開発公社の解散を前提で『第3セクター等経営改革…推進債』という借金を約70億円申し込みます」という方針、計画の報告を受けた。

これまで何度も提言してきた「3セク債」導入による土地開発公社塩漬け土地の債務解消問題、やっと踏ん切りを付けたわけだが、・・・

土地開発公社の塩漬け土地(バブル期に旧国鉄清算事業団から購入し、工業団地として造成、分譲したがバブル崩壊、土地価格が下落で全く採算会わず塩漬け、ここ数年は何とか賃貸で金利分をまかなっている)、現在全額を金融機関からの借り入れ、元金・金利・造成費用合わせて70億円に膨れ上がっている。

これを70億円一括(この資金調達を「3セク債」で行う)で市が肩代わりして返済。その後市が土地を引き取って順次売却していく…というのが大筋の計画。

問題は起債の償還期間(借金の返済期間)と約20億円の評価損。

期間の問題では、国の方針・基準では10年なのだが、10年で70億円ともなると元金だけでも年間7億円、利子を含めるとさらに多額の返済に終われることとなる。それでなくても投資的経費(固定費以外の自由に使える現金)が3億円~5億円と県内でも最低水準のわが高砂市、これから本格的に浸水対策の資金が必要となってくるのだから、「到底無理!20年に延ばしてちょ」と兵庫県と協議中という。

この「10年か20年か」がはっきりしないまま、3月議会では「第3セクター債」の起債を議決しなければならなくなるのだ。…

私は現実問題として15年までなら「死ぬ気で返していく」べきだと考えています。(自民大勝で意気の上がった多くの「あれやれ、これやれ」の議員さんは『20年でないと許さんもんね』的光線を発射しておるようですが)

損失の問題も同様、いずれにせよ、これから市民にしっかりと真実を伝えていくことが大事。

あっという間に…

政策, 日々の出来事 No Comments

昨日、自民党の圧勝で幕を閉じた衆院選。

わが10区も渡海先生返り咲きを果たし、まずはめでたしというところ。

ところで、「史上最低の投票率、得票数からすれば前回を下回っている…」ということは真摯に受け止めていかねばなるまい。

さて、国政はさておき…12月4日の公示以来、ブログ更新を自粛している間に12月議会はどんどん進み、日程ではきょうは常任委員会、明日最終日討論採決を残すだけとなってしまった。

今日はとりあえず、私の12月11日に行った一般質問の通告をUPしときます。

1.         総合計画の進捗管理について

総合計画の進捗管理はどのように行われているか

(1)     体系的に事業評価を行う制度が必要ではないか

(2)     行政改革と同様の進捗管理体制が必要ではないか

2.         参画と協働の推進について

(1) 高砂市市民活動推進計画の策定は進んでいるか

(2) 市民参画の促進ツールは整備されているか

3.         地域ミーティングについて

(1) 地域ミーティングの位置づけについて

(2) H24年度地域ミーティングの開催方法変更について

明日は公示日

日々の出来事, 議会報告 No Comments

ということで、ひとまず当分の間(選挙期間中の15日まで)ブログは休止します。

今日は12月議会の一般会計補正予算質疑の通告締め切り日。私が通告したのは以下の内容。

「H24年度12月議会 予算質疑発言通告

無所属 北野誠一郎

歳出

人件費 時間外勤務手当 

・時間外勤務手当の増加が一般会計ベースで400万円以上の増。

時間外勤務は予算の目標と比べてどのような状況となっているか。

トータル・一人当たり平均の数値は

③(1)2

在宅福祉事業【953】

言語相談利用者補助金 593千円

心身障害者通園費補助金 360千円

・それぞれの増加理由(対象者の増加なのか、なたサービス提供施設の増加なのか?)

・今後の推移の見通しは

 ④(1)1

病院事業会計繰出事業【85,425】

繰出金 85,425千円

・繰り上げ償還による償還一般会計負担分の削減はトータルでいくらとなるか?

 歳入

⑮(2)1

不動産売払収入 254,000千円

中期財政計画での見通しから2億5千万円以上の増収となったが、今後財政計画へどのように反映させるのか。」

あと一般質問の通告についてもお知らせしときたいのだが、まだ項目が決まっておりません。申し訳ない。

非常に寒い日が続いています。皆様、体調など崩さぬよう十分にご自愛ください…

Powered by WordPress | ログインEntries RSS Comments RSS