一般質問

政策, 議会報告 No Comments

今日は一般質問2日目。私は最終10番目(今日は5人目)でした。

通告した項目はしたのとおりです。

人口減少化時代に対応する高砂市の経営戦略について

1.人口減少の動向分析について

2.高砂市の行政サービス水準についての分析

3.子育て支援施策による街づくりについて

4.市制施行60周年を機に「新しい経営戦略・ビジョン」確立を

質問の意図するところは、

今後日本の深刻な問題である「人口減少化の到来」を控え、いかにして「地域間競争」を勝ち抜くか。「企業の町高砂」の特性を活かし、子育て世代のニーズに応える支援策をテコに人口減少・定住化を戦略的に推し進めることが必要ではないか…ということ。

市長の答弁で、「H26年度から、中学生までの医療費を無料化する」との方針を引き出せました。

少しは収穫あったかな!?

質疑1日目

日々の出来事, 議会報告 No Comments

今日から9月議会質疑が始まりました。

朝、急遽9時から代表者会、9時30分から議会運営委員会。

ひとつは先日建設…常任委員会で突っ返された「治水対策事業計画」の取り扱いについて。15年間に及ぶスケジュールと事業費の見込みが示されていたものですが、全体の財政計画のなかでの財源の裏づけやいまだ決まっていない事業の見込みと位置づけなど、「事業計画」と言いがたい部分が多々見受けられました。

ということで、どうしても今回期中に市民に「治水対策」を示したい市長の思いが強いこともあって、新しく設置される「総合治水対策室」の目的、担当事業の資料として名前も変えて提示することとなりました。(誰の発案か知らぬが、うまいことこじつけたなあと…)

形はどうあれ、治水対策のはらむ課題、問題が解決したわけではありません。しっかり議論して将来への舵取りを誤らないようにチェックせねばなりません。

もうひとつは産廃処理施設の計画地の競売参加についての報告。

裁判所によって10日に公告、入札期間は9月26日~10月3日、売却決定は10月16日、とのスケジュールが決まっていた。

これまで、3月議会では買い取りの意向を否定、6月議会、その他委員会の席上で、事あるごとに意思の確認を行ってきたのだが、まるで亀?のように首をすっこめてダンマリを決め込んでいた市長以下、当局のみなさん。今日、代表者会、議運を通していきなりの方針変更。

というか、「ごみ広域化の周辺整備」として位置づけ入札参加の理由とするという。

苦しい胸のうちも解らぬでもない。今後、「産廃施設進出の排除のために市が用地を買収すること」が前例となることへの懸念。本当に市民に必要な事業・施設建設のための用地取得といえるか。など「産廃反対」の住民感情に応えたい「情」と行政としてなすべき「理」の矛盾をどう折り合いを付けるか。

やはりこれが「理屈」だけでは割り切れない「政治」なのでしょうね。

ただ、何でもかんでも「しゃーないな」と追認はいたしません。取得するにも「適正な価格」の範囲内でないといけませんし。

議会最終日には入札参加の保証金約2300万円の補整予算が追加提案される見通し、入札については専決の意向。私としては「10月3日の最終日まで休会して、追加提案すべき」と意見しましたが。…まず聞く耳持たずでしょうな。

倍返しだ!

議会報告 No Comments

今日は9月議会初日。

市長の提案理由説明の後、議会改革特別委員会の中間報告、都市基盤整備特別委員会の報告がそれぞれの委員長から行われました。両委員会のみなさん、おつかれさまでした。

ただ、…基盤整備特別委の報告で、財源の確保と事業の優先順位があいまいになっていること、H6年以降立ち消えとなっている事業について、その事業の成り立ち等の調査・検討すら行っていないことは非常に残念、今後の検討課題である旨を指摘、意見といたしました。

その後、共産系議員を除いた議運委員(当然私も名を連ねている)で、「ごみ処理広域化…特別委員会」の設置について議員提案を行いました。

ところが、恥ずかしい話ではありますが…特別委員会設置の根拠となる地方自治法の規定を「第110条による…」と明記、そのまま議案として取り扱い、ご丁寧に議員2名を除く賛成多数で議決。昨年度、H24年9月に自治法は改正され110条は削除、特別委員会については109条に規定されていたのに…です。なんとも議会、議員としてお恥ずかしい、情けない。

日ごろ議場で当局にあれこれ厳しいこと言ってるのに…申し訳ない。

その後、議運で誤りを確認、議長の訂正とあいなりました。

今日は、午前中で日程が終了するかと思っていたら、諸報告・「法廷外公共物について」が紛糾。問題山積のまま後日に持ち越しとなってしまいました。詳しくはそのときに・・・

それと今日のタイトル「倍返しだ!」。別に「やられたらやり返す。」などという半沢直樹的義憤ではありません。あしからず。

それにしてもドラマ半沢直樹は面白いですな。池井戸潤の原作も読みたいですね。

警報

日々の出来事 No Comments

今日から議案の勉強会。

朝方は小雨程度だったが、昼前ごろから猛烈な豪雨となりました。昼休みに鷹尾議員と市内を巡回してみました。鹿島・松村川、間の川、そして地元の道路冠水の状況を見てみると…

 松村川(コープ西側)…あまりにも激しい降りだったため車中からの撮影。この時点で橋桁に迫る水位。

間の川(神爪2丁目付近)…すでに溢れる寸前まで。市内パトロールの職員さん方と遭遇。(ご苦労様です)

近隣住民の方が、「車を移動せねば…」と心配そうに様子を見にこられていました。

中島1丁目の道路冠水。

2時間後には水は引いていました。

市役所に帰る途中、警報のため、給食の後下校する伊保小学校の児童たちの姿がありました。今日も地域の皆さんが見守り活動で子どもたちをガードしてくださっています。

午後13時10分に法華山谷川の水位がはんらん注意水位に達し、防災放送により避難準備の呼びかけがありました。

ただ、今回も「防災放送が聞き取れない」とのクレームが多かったようですね。

聞き取れない場合の「防災…放送案内テレドームサービス:0180-997506」http://www.city.takasago.hyogo.jp/index.cfm/6,26482,69,598,htmlをもっとアピールしないとね。

幸い、16時30分に水位が下がり、避難準備は解除されました。しかし洪水警報はまだ解除となっていないようで、みなさんどうかご注意ください。

議会運営委員会

日々の出来事, 議会報告 No Comments

今日は9月議会を前にした議会運営委員会。

例年9月議会といえば、議長をはじめとした役員改選、委員会の編成替え。

言わずもがなで、おそらく最大会派と公明、民主あわせた人選がすでに決まっているはずです。いつもながらの茶番劇から、早く改革しないとね…。ってか!?

日程は以下のとおり、今回の論点などは後日

平成25年9月定例市議会日程予定表(案)

会期 9月9日(月曜日)から27日(金曜日)までの19日間

9
3日(火曜日)議会運営委員会
4日(水曜日)熟読
5日(木曜日)熟読
6日(金曜日)熟読
7日(土曜日)
8日(日曜日)
9日(月曜日)本会議(開会、諸報告(委員長報告)、市長の提案理由の説明、議案質疑、諸報告(法定外公共物))、散会後 全員協議会
10日(火曜日)本会議(議長の選挙ほか役員改選)
11日(水曜日)本会議(議長の選挙ほか役員改選)
12日(木曜日)本会議(議案質疑)
13日(金曜日)本会議(議案質疑)
14日(土曜日)休会
15日(日曜日)休会
16日(祝日)休会
17日(火曜日)本会議(議案質疑)
18日(水曜日)本会議(一般質問)
19日(木曜日)本会議(一般質問)
20日(金曜日)特別委員会、常任委員会(議案審査)
21日(土曜日)休会
22日(日曜日)休会
23日(祝日)休会
24日(火曜日)常任委員会(議案審査)
25日(水曜日)本会議(議案質疑)、常任委員会(議案審査)
26日(木曜日)本会議(委員長報告、討論採決、決算認定議案質疑)
27日(金曜日)本会議(決算認定議案質疑、閉会)

Powered by WordPress | ログインEntries RSS Comments RSS